家庭用エアコンの選び方

ラベルを正しく読んで最適な容量と能力を選択する

エアコンを選ぶ際にまず見るのが商品ラベルです。

誤った見方をしてしまうと、お部屋に適さないエアコンを選んでしまう事にもなりかねません。

そこで、最適なエアコンを選定する為に、まずはラベルを正しく読めるようにしましょう。


クリックすると拡大します →
(左図はパナソニックの例)


畳数の目安

例えば畳数の目安に「8〜10畳」と記載があった場合、8〜10畳の部屋に適していると思いがちですが、間違いです。

正しくは「一戸建木造平屋南向きの和室なら8畳、鉄筋集合住宅中間層南向き洋間なら10畳」という意味となります。

つまり、木造10畳の部屋に「8〜10畳」のエアコンを設置してしまうと能力不足になる可能性があります。


また、以下のような場合は、より上位の機種を選んだ方がよいでしょう。

・部屋の天井が高い場合や吹き抜けがある場合

・大きな窓があり、強い日差しがある場合

・続き部屋があり、同時に冷やしたい場合

・部屋の密閉度が低い場合


能力

能力の数値が大きいほど、パワーが強く広い部屋に対応できるという意味です。

( )内の数値は、変更できる能力の幅で、この最小値が小さいほど、きめ細かな運転・温度管理ができるという事です。

反対に最大値は、数値が大きいほど、早く部屋を冷暖房することができるパワフルなエアコンだという事です。

より早く部屋を冷暖房したい方は、この最大値が大きいものを選択するとよいでしょう。

また、枠外に記載されている「低温暖房能力」は、より寒い時の能力を表しています。(外気温2℃/室温20℃時の能力)

エアコンが暖房のメイン機器となる場合は、この数値も確認しておくと良いでしょう。

※枠内にある暖房能力は「通常外気温7℃/室温20℃時の能力」を表わしています。

省エネ度のチェック

エアコンは「統一省エネラベル」に指定されている品目ですので、省エネルギーラベリング制度で定められている省エネ情報の表示が義務付けられています。

ラベルには「多段階評価」や「年間の目安電気量」など分かり易い表記もありますが、
ここでは、具体的な省エネ度を示す「省エネ基準達成率(COP)」と「通年エネルギー消費効率(APF)」という2つの数値について解説します。


← クリックすると拡大します
省エネ度を表すCOPとAPF

上図の「COP(省エネ基準達成率)」「APF(通年エネルギー消費効率)」がエアコンの省エネ度を表す数値です。

それぞれの数値の意味は下表の通りです。

省エネ基準達成率(COP) 「消費電力1kWあたりの冷房・暖房能力(kW)」を表したもの
(数値が大きい程エネルギー効率がよい)
通年エネルギー消費効率(APF) 「1年間を通して、ある一定条件の元で運転した時の消費電力量」を表したもの
(数値が高いほど効率がよい)

COPとAPF。どっちを見ればいいの?

COPで表される「達成率」はあくまで「目標値に対しての達成率」です。

また、この目標値は年度によって基準値が異なる為、目標年度が違う場合は単純に比較できません。

つまり、年度が違うとCOPが115%より110%のエアコンの方が省エネの場合があるという事です。


例えば、省エネ度が下図のような2つの商品の場合

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
商品A ・・・ 目標年度:2009年度、達成率:115%、APF:5.9
商品B ・・・ 目標年度:2010年度、達成率:110%、APF:6.4
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

達成率(COP)の値では商品Aの方が優れていますが、APFでは商品Bの方が効率が良いという事が解ります。

この事から、基本的にAPFの値を確認 する事をお勧めします。

※COPしか表示されていない場合で、目標年度が異なる機種の比較を行う時は、
  カタログ等にAPFが記載されている事もありますので確認してみて下さい。

※2012年目標年度の製品からは、省エネ評価はすべて実使用の評価により近い APF に統一されています。

必要な機能を選ぶ

冷暖房、除湿をはじめ、換気、加湿、除菌など、最近のエアコンにはいろいろな機能が搭載されています。

用途や使用頻度によっては使用しない機能があったり、逆に外せない機能もあると思います。

エアコン選定の際には、用途や使用頻度に応じてはグレードを落とすなどして調整すると良いでしょう。


以下に最近のエアコンに搭載されている主な機能を一覧にしていますので、エアコン選定の際のご参考にして下さい。

機能 詳細
自動お掃除機能 エアコン内部のメンテナンスを自動でする機能です。
フィルターの目詰まりや、内部の汚れは、エアコンの運転効率を悪くし、不快な臭いの原因にもなりますが、この機能があると、常にフィルターが掃除されているので、省エネ効果もあります。
ただし、自動お掃除機能付きと言っても、全てのメンテナンスをしなくて良いとは限りませんので、その違いをよく確認をしておきましょう。
除菌/消臭機能 空気中の汚れや花粉、ウイルスなどを除去し、空気清浄する機能です。
フィルターで不活性化する「吸込型」と、イオン等を放出して不活性化する「放出型」があります。
換気機能 タバコの煙や二酸化炭素などの汚れた空気を強制的に室外へ排気し、新鮮な空気を取り込む機能の事です。
窓を開けずに換気するので室温を下げずに換気でき、フィルターを通すので花粉も取り除く事ができます。
換気扇のような急激なものでなく、ゆっくりと時間をかけて(数時間〜1日)換気します。
ただし、設置する場所や状況によっては機能しないこともありますので、購入時にしっかり確認して下さい。
気流制御機能 温度・湿度のムラを解消したり、エリアを絞って冷暖房したりできる機能です。
体に直接風をあてずに部屋全体を冷暖房したり、人の居る場所だけ冷暖房したり、動いている人と寝ている人で温度を変えたり出来る機種や省エネにも貢献してくれるエアコンもあります。
除湿機能
(再熱除湿)
温度を下げずに湿度を下げたり、年間を通じて快適運転を実現する機能です。
湿気だけを取り除くので梅雨の時期なども快適に過ごせますが、湿度をとるために温度を下げた空気をヒーターで暖めるため、その分電気代はかかります。
人が居なくて室温を気にしない部屋は普通の除湿にするなど、上手に使い分けると良いでしょう。
設置場所の確認
室内機の設置スペース

設置可能な寸法はもちろん、エアコンを付けた場合に邪魔になるものがないかなど、周囲の状況も確認しておきましょう。

また、マンション等でエアコン取り付け位置が想定されている場合は下地の準備がされていますが、特に想定されていない場合は、壁の下地が必要かどうか確認が必要です。


電源の有無とコンセントの形状

まず、エアコン取付位置の近くにコンセントがあるかの確認です。

ない場合は、別途工事が必要な場合もありますので、事前に確認、(業者に)連絡しておくと工事もスムーズに進みます。

また、コンセントがある場合でも、差し込みの形はいろいろある為、機種によっては、変更工事が必要な場合もありますので、コンセントの形やボルト(V)、アンペア(A)等の確認も必要です。


室外機の設置スペース

意外と見落としがちなのが、室外機の置き場所です。

どれぐらいのスペースが確保できるのか、周りに邪魔になるものがないかなどを事前に調べておきましょう。


配管ホース用の穴

マンション等でエアコン取り付け位置が想定されている場合は配管ホース用の穴も用意されているはずですが、そうでない場合は別途工事が必要な場合もあります。

また、壁に穴を空ける場合は、事前にマンション管理者などにも確認が必要です。